読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独でYoginiナース、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガクラス運営中。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

外国人看護師の受け入れについて思うこと。自分がなってみてわかること①

ドイツで外国人看護師になるなんて

 
考えてもみませんでしたが…
 
人生わからないものです!!
 
病院内での制度や文化の違いは、とても興味深いですが、
 
何より素晴らしい出会いがあり、
色々な人の意見や考えに触れることが できます。
 
f:id:yogaflower:20151221071058j:image
研修中の大学病院♡
 
 
初めは情報収集に大変苦労したので、
書き留めておく事にしました。
 

教育制度のちがい

ドイツの看護師教育は、 
Ausbuildungというシステムで
 
3年間学校に通いながら、
有給の病院実習を行います。  
 
日本では、大学と専門学校の2種類。
 
 
残念ながら、
ドイツでの看護師のイメージ  
「お給料の安い典型的な女性の仕事」 
 
(ドイツ語の教科書にも出てきて、ちょっとショックでしたが…) 
 
 
一説には職業的に
「ストライキ」が難しいため、 
賃金引き上げなどの要求ができなかったとも言われています。
 
日本も、看護師に対するイメージや給与体系はあまり良くないのが現状。
 
両国ともに看護師不足は問題で、
改善の余地がありそうです。
 
 
国際色豊かなクラスメイトは、  
皆大学で看護学を専攻しています。
 
ヨーロッパでも、看護師教育の制度を見直す動きがあり、
 
大学教育へと今後制度変更をする流れだとも聞きました。
 
教育はどうあれ、
誇りを持って働いている方が多く、世界共通でやりがいのあるお仕事。
 

免許の書き換えはというと…

ドイツでは州によって、
法律が違うので免許書き換えの制度は州によって様々。
 
日本では、外国人看護師は少なく、
制度をもっと整えていく必要があるようです。  
免許書き替えへの規制緩和がされないことが指摘されています。
 
今年の日本の看護師は108万人。
そのうち外国人看護師199人。
 
ドイツでは70万人いる看護師。
外国人看護師はうち2万人
(2014年データ)✽1
 

 

日本とドイツでは、あまりにも背景が違うので、

一概に比較でませんが、差に驚きます。
 
 
イギリスなどに比べるとドイツも少ないですが、
移民の政策により今後さらに増加の傾向にあります。
 
 
 
また州によって外国人の多さや
法律も違うため差があります。
 
ハンブルグとザーランド州は、ドイツの中でも受け入れに積極的で、
法制度が整っています。
 
ハンブルグは、日本でいうと横浜のような街。
歴史的にも外国人が多く、受け入れやすいと言われています。
 
 
たしかに以前、旧東ドイツ圏で研修をした時には、
 
外国人が少なく、差別はないものの、やや肩身が狭かったような気もします。
 
1番勇気付けられるのは、
ドイツの医療者は外国人看護師のことを
 
「言葉さえ違うが同じ医療者」
 
としてリスペクトを持って接してくれます。
 
肝心なのは、自分を主張すること。
引っ込み思案では、何も始まりません…
 
 
このような暖かい気持ちで
日本の医療現場が迎え入れるのだろうかと疑問に思ってしまいます…
 
 
学校や免許の書き替え制度と病院の様子はまた次回♡
 
 ✽1 参考文献 看護師協会資料
 
良い週末をお過ごしください。
 
f:id:yogaflower:20151221071622j:image
 
クリスマスまであと少し♡