読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独でYoginiナース、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガクラス運営中。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

ドイツで妊娠したかも?と思ったらすること

妊娠したかもとおもったら・・・?

海外生活での妊娠に戸惑う場合もありますが、基本的な考えは日本とドイツでは、大差がありません。

ドイツで妊娠したかも?と思ったら何から始めたら良いかをまとめてみます。

https://www.instagram.com/p/BH6XiyBBQul/

Celle was small beautiful old town. 😆🎶ツェレは可愛い小さな古い町でした。#celle#oldcity#ドイツ生活 #散歩 #walkingaround #spaziergang #altstadt #cutetown #sightseeing#travel#trip#ドイツ#産休中#海外看護師#助産師

1.身体の変化について

最終月経日から数えて何日経過していますか?
ドイツの一般的な妊娠検査薬も、月経予定日から1週間を過ぎてからが検査の目安になります。
 
また、身体がだるい、基礎対応の変化、おりものの変化、着色出血、眠い、風邪に似た症状など妊娠超初期症状」といわれる変化を感じる方もいます。
 
詳細は下記に詳しくまとめられています。
 

2.妊娠検査薬について

検査薬(Schwangerschaftstest )はドイツのドラッグストア、もしくは薬局、一部のスーパーで簡単に購入することができます。価格は3-30ユーロまで。
 
妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG」というホルモンに反応する仕組みとなっています。hCGは受精卵が子宮内膜に着床すると分泌量が増加しますが、市販の妊娠検査薬は尿中のhCG値が50mIU/mL以上の場合に陽性反応が出るものが一般的です。
 
排卵後10日前後から尿中のhCG濃度が上昇しますが、排卵後12日目頃(着床後約3日)には25mIU/mL、排卵後14日頃(着床後約5日)には50mIU/mL以上に達します。
個人差もあるため、妊娠検査薬は「生理開始予定日の1週間後以降」が判定可能な時期とされています。
 
早期妊娠検査薬もあり、尿中のhCG濃度が25mIU/mLで陽性反応を示す仕組みになっています。
ドイツではデジタルのものもあり、生理予定日の4日前より検査することができます。
 

f:id:yogaflower:20160805051651p:plain

デジタルで週数の予想も表示されます。
もしも妊娠検査薬が陰性でも、月経周期不定期なまま放置せず、婦人科での検査を行いましょう。
 

3.受診の仕方と常用薬について

クリニックの探し方や受診の準備については、下記にまとめてあります。
また、常用薬についてはいつ、どれくらい服用したかを受診時に説明できるようにまとめておきます。さらにドイツで一般的に行われている風疹、麻疹、おたふく風邪の混合予防接種には注意が必要です。
 

妊娠7週までの時期は、「絶対過敏期」と呼ばれる時期で、薬に対して敏感になる時期です。妊娠中は、この時期に限らず自己判断で薬を飲むのは危険です。

クリニックが混んでいてなかなか予約が取れないけど大丈夫?

ドイツのクリニックでは、緊急時以外は基本、予約をとるのが一般的です。
なかなか予約がとりにくく、不安になる方もいるかもしれませんが、体調を第一にリラックスして待つ大切な時期です。
 
胎嚢とは、赤ちゃんを包んでいる袋のことで、これが子宮内に確認されることで妊娠が確定します。胎嚢が確認できる時期は妊娠5週目頃からと言われているように、その時期以前に産婦人科を受診しても、胎嚢の確認までには至らない場合があります。
 

正常な妊娠と診断されるためには、さらに胎嚢、胎芽、心拍確認される必要があります。一般的に、胎のう、胎芽、心拍の3つが確認できるまでの流産する確率は、約15%ぐらいとされています。この時期に流産してしまう原因は、約8割が胎児側。

胎児の染色体異常によって妊娠が継続できない場合がほとんどです。

海外生活では、ついインターネットによる情報収集をしてしまいがちですが、この時期は個人差も大きく、個人の体験談などが必ずしも当てはまるわけではないので、溢れる情報によって混乱しないようにしましょう。

葉酸の摂取は忘れずに

この時期に重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなること明らかになっています。

f:id:yogaflower:20160805060547p:plain

葉酸は食事から摂取できますが、現代女性では必要な量が足りていないのが現状なので、不足しないように気を付けましょう。ドイツでは初回の受診時から12週を目安に通常、葉酸をはじめとするビタミンBの処方がされます。

 

参考文献:流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会