読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独での看護師免許、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガも教えています。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

ドイツでの妊娠生活☆母子手帳の翻訳⑤妊娠経過の所見について

海外での妊娠と出産 制度のちがい 少子化対策

ドイツ母子手帳の読み方とポイント

前回から母子手帳の翻訳と助産師による注目ポイントを掲載しています。
■日本とドイツの母子手帳の違いと1ページ目

yogaflower.hatenablog.com

  ■2~4ページ(妊娠期の感染症血液検査結果について)

yogaflower.hatenablog.com

 ■5ページ目前半、問診項目とリスク妊娠の管理についてはこちら

yogaflower.hatenablog.com

 ■5ページ後半、妊婦への生活アドバイス

yogaflower.hatenablog.com

 ■6ページ目前半、妊娠時の所見について

B. Besondere Befunde im Schwangerschaftsverlauf

B. 妊娠経過時の特別所見 (カタログB)

これらの所見は、異常がない限り指摘されませんが、項目をご紹介します。

 

 f:id:yogaflower:20160811180428j:image

27.Behandlungsbedürftige Allgemeinerkrankungen, ggf. welche____

27.治療を必要とする疾患 

28.Dauermedikation

28.長期の薬物治療

29.Abusus

29.薬物乱用、依存

30.Besondere psychische Belasting

30.特別な精神的負担

31. Besondere soziale Belastung 

31.特別な社会的負担

 

32.Blutungen vor der 28. SSW

32.妊娠28週目未満の出血

33.Blutungen nach der 28. SSW

33.妊娠28週目以降の出血

☆妊娠中は出血しやすい

ホルモンの影響で、妊娠中の膣や子宮は妊娠前と比べて傷つきやすく、充血しています。

内診や性交渉の刺激だけでも出血することがあります。さらに免疫力も低下しているため、膣内で雑菌が繁殖しやすく、膣炎を起こした場合にも出血することがあります。

 

☆できるだけ早く診察を

子宮内からの出血では、流・早産、切迫流・早産を思い浮かべ不安になりがちです。

心配のいらないものも多いのですが、危険のサインも場合もあります。

出血が大量の時、お腹の張りや痛みを伴うときには休日でも救急外来で受診をしてください。その際には出血した時期、色、量、お腹の張りや痛みの様子等を説明してください。

 f:id:yogaflower:20160811144324j:image

34.Placenta praevia

34.前置胎盤

正常の胎盤は、子宮の上の方に位置していますが、まれに赤ちゃんの通り道となる子宮口をふさぐ形でついていることもあり、これを「前置胎盤」といいます。妊娠の早い時期に「胎盤が下の方についているね」と言われても、妊娠の経過とともに子宮の内部が大きくなるにつれて胎盤が上に移動していきます。

しかし状況に応じては妊娠後期に安静を指示されたり、出産が帝王切開となる場合があります。

35.Mehrlingsschwangerschaft

35.多胎妊娠

 

36.Hydramnion

36.羊水過多

☆中期以降の羊水は赤ちゃんのおしっこ

赤ちゃんのまわりを覆っている羊水は、36度~37度で、妊娠初期は母体の血液や羊膜から染み出してきたものです。妊娠中期以降は、ほとんどが胎児の尿と言われています。

妊娠3ヶ月では、約30ml、最も多くなる8ヶ月頃で約700ml、10ヶ月ころでは500mlほどになります。

●羊水過多 

胎児が羊水を飲み込めていなかったり、消化管が閉じていたり、肺に異常があることも考えられます。問題がなくても多めのケースもあり、改めて検査などがなければ心配いりません。

37.Oligohydramnie

37.羊水過小

腎臓や膀胱の働きが悪くて、羊水を飲んで排出できていないことが心配されます。胎盤の機能が悪くて羊水が作られなかったり、破水により減少することもあります。

 

38.Terminunklarheit

38.予定日不確定

39.Placenta-Insuffizienz

39.胎盤機能不全

胎盤の働きが悪くなって、胎児に酸素や栄養を運べなくなった状態。妊娠高血圧症候群や、過期妊娠の際に起こることが多いです。

 ☆胎盤の機能とは

妊娠16週の終わり頃には完成する、大切な臓器です。絨毛と呼ばれる細かい血管が集まってできています。その後、赤ちゃんの成長とともに大きくなっていき、直径15センチ~18センチ、重さは約500gほどになります。

☆いろいろな機能が

胎盤では、酸素を受け取りいらなくなった二酸化炭素を母体の血液に戻す、「」の働き、栄養素の取り込みや老廃物の排出をする「腎臓」、「肝臓」の働き、そのほか免疫や妊娠継続のためのホルモンを作り出す働きをしています。

 

40.Isthmozervikale Insuffizienz

40.頸管無力症

子宮口が自然に開いてしまう頚管無力症の場合、あらかじめ分かっていれば頚管をしぼる手術(子宮頚管縫縮術)をすることがあります。超音波ですぐに頚管の状態が分かるため、事前に処置が取られます。

41.Vorzeitige Wehentätigkeit

41.早期陣痛

42.Anämie

42.貧血

☆妊娠中は貧血になりやすい

血液量が増えますが、赤血球はそれほど増えないため相対的に貧血になりやすくなります。定期検診でも2~3回は必ず貧血の検査が行われます。

f:id:yogaflower:20160811180532j:image

貧血予防が大切なので、薬局で購入できる「Floradix」という鉄分シロップはお勧めです。

 

43.Harnwegsinfektion

43.尿路感染症

44.Indirekter Coombstest positiv

44.間接クームス試験 陽性

45.Risiko aus anderen serologischen Befunden

Rh式血液型検査でマイナスの場合に行われます。

45.その他血液検査結果によるリスク

46.Hypertonie (Blutdruck über 140/90)

46.高血圧 (最高血圧140/最低血圧90mmHg以上)

☆妊娠高血圧症候群とは

妊娠20週以降産後12週までに高血圧を発症した場合、妊娠高血圧症候群といいます。

さらに、高血圧のみの場合は妊娠高血圧症、高血圧と蛋白尿を認める場合は妊娠高血圧腎症と分類されます。合併症の危険があるため非常に注意すべき症状です。

詳しくは下記をご覧下さい。

妊娠高血圧症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

 

47.Eiweisausscheidung 1% (entsprechend 1000mg/l) oder mehr

47.タンパク尿1% (1000mg/l 相当) もしくはそれ以上

48.Mittelgradige – schwere Ödeme

48.中度のむくみ(浮腫)

☆むくみと妊娠

妊娠後期になると、水分の多くなった血液が循環するようになります。水分の多い血液からはその水分の一部が身体の細胞中に染み出してきます。

水っぽい血液は、胎児にたくさんの血液を届け、血管を通りやすくして高血圧を防ぎます。

さらに水分を多く含んだ細胞は組織が伸びやすく、子宮口を開きやすくする働きもあります。

49.Hypotonie

49.低血圧症

50.Gestationsdiabetes

50.妊娠糖尿病

☆血糖の検査

ドイツでも、通常妊娠中期に血糖値の検査が行われます。

食事時間に関係なくブドウ糖50gを飲み、1時間後に血糖値を測ります。通常140mg/dl以下が正常値です。血糖コントロールが不良の場合には、奇形や巨大児で難産の心配があり、出産後も、新生児のの低血糖、黄疸、呼吸障害などが起きることがあります。

詳しくは下記にまとめられています。

妊娠中の血糖検査|プレママタウン

 

51.Einstellungsanomalie

51.児頭骨盤不均等

児頭骨盤不均衡とは、赤ちゃんの頭が物理的に母体の骨盤を通過できないことをいいます。

52.Besonderheiten ggf. welche _____

52 .その他特記事項 

これらの項目を毎回の検診でチェックし、妊娠へのリスクを管理しています。