読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独でYoginiナース、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガクラス運営中。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

心配性な助産師の26時間分娩記録

f:id:yogaflower:20161014003036j:image

分娩室に入ってすぐの内診では2-3センチと、進行のないことが判明。

ここから約24時間陣痛に耐えることとなります。

事前に病院助産師と話して決めたバースプラン、色々考えていたことはたっぷり時間内に試すことができました。

 

f:id:yogaflower:20161012044431j:image

お風呂での緩和

お風呂好きな日本人には、ぴったり。アロマを入れたお風呂に入り入り、陣痛の波と同時にリラックスを心がけ呼吸をします。海の波をイメージしたCDを聴き、自分の身体に集中。

温めることで、痛みを和らげるだけでなく、精神的にリラックスできました。

 

レメディの服用

できるだけ植物のパワーで、自然なお産をしたいとプランしたいと伝えていました。分娩経過が長くなるにつれ、陣痛がやや遠のいた時に使用。ミトコンドリアの錠剤。服用するとやや陣痛がもどってきたような…はっきりとした効果は分からなかったです。

プラセボ効果もあるかもしれませんが、効いた気がなんとなくしています。

f:id:yogaflower:20161012045554j:image

散歩

病棟や病棟敷地内を歩きます。数分に一度襲ってくる陣痛の際には立ち止まり、しのぎます。長引く陣痛の場合には、分娩室にいても気が滅入ってしまうことも。主人と一緒にのんびりを心がけて、2回ほど出かけました。新鮮な外の空気を吸うことで、気分転換にもなります。