のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独でYoginiナース、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガクラス運営中。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

ドイツで出産♡いよいよ退院、家に帰る

当日退院を計画していましたが、長引いたお産と出血により入院は一週間に長引きましたが、いよいよ退院。

 

黄疸も落ち着き

頻回に直母したおかげで、体重も増え、黄疸の数値も下がり無事に退院が決まりました。

ほぼ徹夜でしたが、退院が決まると嬉しくて疲れも吹き飛びます。

1週間も病院にいたため、スタッフとも顔見知りになり、ドイツと日本の病院や出産寝違いを話したり、看護学生さんとお友達になったりしました。最後に皆さんにお礼を伝え、病院を後にしました。

 

助産師さんに連絡  

退院が決まると、早速助産師さんに連絡。明日からの訪問スケジュールを相談します。

ドイツでは、産後1カ月を目安に助産師訪問が行なわれています。

f:id:yogaflower:20161024172043j:image

 

はじめての帰宅

ドキドキしながら車に乗り、ようやく家に帰宅。

観葉植物が枯れてたり、冷蔵庫の中身が悲惨だったりしましたが、やっと母子ともに無事帰ってこれたことに感謝。

 

家に赤ちゃんを迎える際には、はじめに家の中を案内します。

「ここが、キッチンでごはんを作るところ。ここはバスルームで、みんながお風呂に入るところ。」

赤ちゃんも1人の人間。ちゃんと案内してあげることが大切だと妊娠中に読んだ育児書に書いてありました。

f:id:yogaflower:20161024172031j:image

部屋の温度に注意

この日は、ドイツの9月には珍しい夏日。部屋の温度と洋服の調節が気になります。首の後ろ、背中、足のつま先の温度を触り確かめます。

早速両親に、スカイプで報告することかできました。