読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独での看護師免許、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガも教えています。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

ドイツで子育て♡母乳の出が少ないときのすぐ出来る対処法

毎日のこと ドイツでベビー、子育て

ママの体調により分泌量もかわる母乳。

疲れやホルモンの変動などさまざまな要因が影響しますが、簡単にできることをらまとめてみました。おっぱい工場のメンテナンス、意外と簡単な方法がたくさんです。

f:id:yogaflower:20161201071545j:image

水分補給

水分量が足りなくては母乳は作られません。白湯を飲み身体をひやさないようにし、目安は1日最低2リットル。

育児で忙しくとも、水分補給を欠かさないようにしていきます。

温める

身体が冷えていると、血液から作られるおっぱいは作られません。足湯や湯たんぽを使い身体を温め血行促進します。

寝る、休息をとる

疲れがや寝不足も悪影響を及ぼします。明日できることは全て後回しにして、横になり身体を休めます。

ストレス発散、泣く

母乳分泌量は、ストレスの影響を受けやすいため、溜め込みは良くありません。

映画を見て泣く、両親や友人に電話するなど、1人で抱え込まず頼れるものには全て頼ります。

母乳用ハーブティ

f:id:yogaflower:20161201071639j:image

母乳用ハーブティーで、リラックスしながら分泌量の促進を行うことができます。

頻回授乳、搾乳

3時間開かないように、頻回に授乳し、場合によっては搾乳機を使用します。母乳は、分泌された分作られるため、回数を増やすことが効果的です。

マッサージ

マッサージを行い刺激するだけでなく、血行も促進していきます。下記のサイトに詳しく方法が紹介されています。

助産師が教える!おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)の方法

貧血改善

出産後の貧血は母乳不足の大きな原因となります。ドイツでは薬局で手に入るFloradixの薬草シロップがオススメです。

パセリスムージー

パセリは母乳に非常に効果があります。料理に取り入れたり、スムージーで摂取すると手軽に摂ることができます。 

 f:id:yogaflower:20161201071800j:image

 

これから、ますます寒くなるドイツ、ハンブルグ。風邪予防もとでめ大切です。

f:id:yogaflower:20161201071938j:image

クリスマスマーケットもはじまり、賑やかなハンブルグです。