のんびりYOGA と Natural life in Hamburg

日独でYoginiナース、助産師&保健師。ハンブルグにてヨガクラス運営中。月1の日本人ママのための赤ちゃんサークル運営中。ベジタリアンでナチュラルな生活と医療情報をお届け中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

ヨガ教室を再開しました★ハンブルクの日曜のんびりYOGA

日曜のんびり、さくらヨガ 再開しました

産後4カ月が経過した1月。いよいよヨガクラスを再開しました。

娘は主人が一緒に参加することで、ベビーシッターをしてくれたため90分間おとなしくしてくれたので集中してクラスをすることができました。4か月ぶりに再会したヨガメンバーは皆さんお元気そうでとても嬉しかったです。私事でお休みしてしまっていたにも関わず、温かく見守ってくださる皆様に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

https://www.instagram.com/p/BPuqScPDdHC/

今年はの課題はウエスト!

今年の課題はお腹回り。姿勢や骨格により内臓が下がってしまい、どうしてもぽっコリお腹になってしまいがちです。骨盤まわりの調整も大切ですが、大きな筋肉を中心に鍛えていくメニューを考えています。効果的に行うためにも解剖学の理解は大切です。

姿勢はいつも一番に

f:id:yogaflower:20170130073848p:plain

姿勢の解剖学 | IASO

正しい姿勢を取ることが一番の基本です。自分で意識をして少しずつ調整できるようにヨガのクラスでは姿勢に気をつけるようにしてきます。おへその下、丹田に意識をして肩を楽に、背骨のS字カーブをイメージして背骨を自然に積み上げることが重要です。普段の生活でも簡単に取り入れることができるので、意識一つで改善できることも多くあります。

ポイントは天然のコルセット、腹斜筋 

f:id:yogaflower:20170130063117p:plain

腹斜筋の10の鍛え方。綺麗な腹筋&くびれを手に入れるトレーニング方法とは | Smartlog

内腹斜筋と外腹斜筋に分かれており、網目のように逆向きに走行し内臓を守っています。この筋肉を鍛えることで内臓の位置を正しい位置に戻すことにもつながりま

エクササイズは産後にもピッタリなものが多く、効果抜群です。

www.youtube.com

エネルギー消費と免疫力のUP

ヨガでは背骨のまわりの脊柱起立筋、肩甲骨周りの僧帽筋、広背筋、脚では大腿筋など大きな筋肉に働きかけて代謝を上げていきます。

筋肉に働きかけて、エネルギー消費を増やすことで血流がよくなります。そのため血流によって体温が上昇し、血液の中にある白血球の働きも高めることができます。白血球は主に免疫機能の役割があるため風邪予防にもつながります。

次回は2月の12日

次回の日曜のんびり、さくらヨガは2月12日10時半~12時

お問い合わせはyogaflower26@gmail.comまでお願いいたします。