ドイツでのんびりライフ&育児

在独の助産師ママです。2人の女の子を育てながら海外で生活する日本人女性に向けた情報を発信中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

子どもがいるお家での感染予防 in ドイツ

新型コロナウイルスも気になります

連日報道されている新型コロナウイルス。

ヨーロッパでも大きく報道され、領事館や外務省からも

渡航の注意や情報が発信されています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C020.html

一時帰国の時期が重なっている方は気になるのが空港での接触。

人ごみを避けて、移動したいものです。

ドイツのドラッグストアやインターネットでは抗菌グッツも購入することができます。

f:id:yogaflower:20200221070450j:image

抗菌グッツのことをドイツ語では、

Desinfektionsmittel(ディスインフェクションミッテル)

https://www.praxindo.de/hygiene-und-pflege/desinfektion.html?msclkid=c771c1aa566e1cbe52769fe4e15a416f&utm_source=bing&utm_medium=cpc&utm_campaign=DE%20%7C%20Kategorie%20Hygiene%20%7C%20Produkt%20%2B%20MK&utm_term=Desinfektionsmittel&utm_content=Desinfektionsmittel%2

アジア人の差別?

フランスなどでは、新型コロナウイルスの影響でアジア人が差別を受けるなどの報道がされていましたが、ここドイツでは比較的のんびり。

第二次世界大戦の影響もあり、差別に対してドイツ人は気を遣う方も多い印象です。

街のほうは分かりませんが、空港も近いハンブルク郊外では特に差別的な発言をされたことはありません。

 

しかし、中華系スーパーにはいかないほうが良いなどのうわさは広がっています。

https://www.instagram.com/p/B7QEMcPIsTD/

身近な感染症や風邪が怖い

特に日本へ帰国したりしない方は、身近な風邪のほうが気になることろです。

新型コロナウイルスも通常の、風邪予防が有効であると言われています。

 

いつも感染症対策で思い出すのは、大学のころの生理学の実験。

綺麗なシャーレの上にドアノブの菌や、爪の間をちょっとつけて菌を培養するというもの。

 

3日間大事に培養したシャーレは、ブドウ球菌をはじめ多くの細菌がまるでキノコのよう。。。。すごい衝撃的でした。

 

目には見えないけど、確かにそこにいる…。存在を実感した体験です。

 

我が家の場合は、長女の幼稚園。

幼稚園というのはなんとも、菌の巣窟です、、、次から次へと感染症がはやります。

 

我が家は今年に入り、たとえ風邪をもらっても重症化したり家族で蔓延することがないように対策を強化し効果を発揮しています。

 

長女の幼稚園から自宅にウイルスを持ち込まないことが一番のポイント。

感染症対策は自宅でも簡単に取り入れることができるので、私が自宅でしていることをご紹介します。

https://www.instagram.com/p/B7OVV_0ItQ0/

ウイルスを持ち込まない工夫

1、幼稚園など子どもが多く集まる場所へ行く際は母も布製の上履きを持参。

幼稚園では娘の下駄箱の隅に自分の上履きもしまい、自宅に持ち帰らないようにしています。

 

持ち帰る場合にもジップロックで包み、60度で洗濯してから下駄箱へ。(ヨーロッパの洗濯機は90度まで温度を上げて洗濯することができます。)

 

2、次女を幼稚園にてなるべく接触を避ける。

ハイハイの次女を幼稚園の床に置いたり、不用意に遊ばせることを避けています。なるべくだっこや、抱っこ紐を活用しています。

長女のお友達が、触る場合にも「顔は触らないで」の声かけをすることも大切です。

 

3、帰る間際に手指消毒剤を使用

子どもではなく、先生や母親が媒介になっていることも多いので注意が必要です。もちろん接触することもありますが、ベビーカーを押す前に手指消毒剤を使用しています。 

 

4、帰宅したら手洗い着替え、シャワー

出かける予定がない場合には、先にお風呂に入り洗い流します。

靴下は玄関先で脱ぎすぐに洗濯機へ。

 

再度出かける予定場ある場合でも、幼稚園の洋服はすべてすぐに着替えて、直ぐに洗濯します。

 

5、水回りは特に注意

水回りはハイターなども使用し小まめに掃除。子ども用の歯磨きコップも毎日食洗器へ。

とくにヨーロッパでの定番、バスタオルの使いまわしもせず、お風呂のおもちゃも毎日洗います。

 

6、換気と湿度管理

乾燥しがちなので、寝室の加湿器やアロマオイルなども使用し換気と空気の清潔にも務めています。

 

ユーカリやミントなど殺菌作用のあるものはさわやかでお勧めです。

 

7、幼稚園グッツは玄関先と決めて、部屋には絶対に持ち込まない。

リュックやジャケットも丸洗いできるものを使用し、2日~3日に1回は帽子も含めて洗濯しています。

 

8、栄養と睡眠

食生活では、免疫力アップのために体温を上げるようなもの、良質なたんぱく質が取れるように工夫しています。睡眠不足になると免疫力が下がりやすいため冬場はしっかり眠るための工夫をしています。

https://www.instagram.com/p/B7Dglf3IeTa/

最近ドイツで購入できるようになっためぐりズムも大活躍中です。

 

次回は実際に感染した場合のケア、感染予防のポイントをお知らせします。

 

お気づきの通り、毎日洗濯機と乾燥機が、ガランガラン回る我が家です…

くれぐれも皆さまご自愛下さい!