ドイツでのんびりライフ&育児

在独の助産師ママです。2人の女の子を育てながら海外で生活する日本人女性に向けた情報を発信中です。

のんびりヨガ×ハンブルグ

【緊急速報】2月28日 ついに北ドイツ、ハンブルクにもやってきましたコロナウイルスと最新情報

ついにハンブルクでも

2020年2月28日ついに北ドイツハンブルクでも感染者の確認が報告されました。

ハンブルク大学病院(UKE)小児科病棟に勤務する医師で、イタリア旅行後に感染し今週月曜日(2月24日)には通常勤務をされていたそう。

https://www.welt.de/regionales/hamburg/article206200673/Corona-im-Norden-UKE-Arzt-aus-Henstedt-Ulzburg-infiziert.html

私が看護師免許を書き換え、2年前まで勤務した病院でしたので、非常にショックをうけました。

https://www.instagram.com/p/B9G6LGioT1e/

 

イタリアに来てからがはやかった

世界的に見ても2020年2月28日現在までに中国以外の感染国データをみると、

韓国、イタリア、イラン、日本、シンガポール、香港やアメリカに続き…なんとドイツ(46人)…との数字。

フランス(38人)とあったので、国内のドイツ急速な拡大がわかります。

統計に関してはこちらが分かりやすかったです。

https://comical-piece.com/korona-virus-number/

疑わしい場合のドイツでの医療機関へのかかり方

おもな症状は、一般的な発熱やせき、倦怠感など…風症状と同じです。

最新の症状や重篤率のデータはこちらにまとめてありました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200129/k10012263811000.html

ドイツでは…

①感染者と何らかの形で接触したことが判明した場合には,なるべく他人との接触を避け,お近くの保健所(Gesundheitsamt)に連絡。
②また,感染が増加している地域に滞在されていた方で,ドイツに入国後14日以内に発熱,咳,息切れが発生した場合には,まずは電話で病院や医師に連絡・相談し,予約をした後に医師の診察を受けてください。また,他人との接触を避け,なるべく自宅に待機してください。

新しく、ホットラインも併設されています。

https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronahotline200228.html

イタリアの報道を受けて…

本日は朝からスーパーやドラッグストアも大混雑でした。

いつもはなくならない、アルコール消毒剤なども売り切れ。

 

f:id:yogaflower:20200229000007j:image

 

イタリアのスーパーマーケットが感染の混乱で空になってしまったことが

報道された影響だったのかもしれません。

現地の情報をつかみにくい外国人。

買いだめは良くないですが、備蓄を心がけ冷静に、

人ごみを避けて生活したいと思いました。

日本語サークルや子どもカフェはしばらくお休みします。

安全のためしばらくサークルなどはお休みします。

子連れでも移動や日本一時帰国なども十分ご注意ください。

我が家はイースター旅行をキャンセルしました。

現在、日本や韓国、イラン、イタリアから航空機で入国した渡航者に対して、

居住地を当局に報告することが義務づけられたそうです。

 

一番の予防法は手洗い

さまざまな報道で一番有効なのは手洗いと言われています。

しかし正しい感染予防の手洗いをされている方は、少ないかもしれません。

病院で一般的に行われている「衛生学的手洗い」という方法があります。

一般的なものよりも洗う時間が長く、30~40秒ほどかかります。

オススメは、「もしもしかめよ~かめさんよ」の歌を歌いながら手洗い。

子どもも一緒にできることや、

急いでしまいがちな手洗いをゆっくり心がける工夫です。

(この歌の方法は、昔オペ室で手洗いするときに先輩に習いました。)

手洗いの方法については下記をご覧ください。

(動画で分かりやすく説明されています。)

https://www.kango-roo.com/sn/m/view/45

 

また小児や母乳との関係については

コロナウイルスと子供や母乳育児関してはこのような資料が

上がっています。不安に感じる方もいると思うので、

共有させていただきます。

下記、日本ラクテーション協会ホームページより

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

ドイツで妊娠中、または赤ちゃん連れの方など心配は大きいと思います。

在独日本大使館ホームページ

https://www.de.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

くれぐれも情報に注意して刻々と変わる状況に対応していきたいものです。

 

風邪予防がコロナウイルスに関しても有効と言われています。